2015年2月 of 童謡

表題2.png
阿蘇からの風として、童謡・唱歌をお届けしてまいります。
そがみまこの指導する、アルエットやDOYO組の子ども達の活躍もお楽しみ下さい。


2015.2月13日 テレビタミン in 高森
o0480036013217173977.jpg

2月14日~3月15日 高森観光協会主催で行われている
「新酒とふるさとの味まつり」に平山留美子さんと一緒に伺いました。
高森といえば、やっぱり「山村酒造」でしょう!
早速、新酒をいただき、平山さん・山室さんとハイポーズ!
新酒ってめちゃくちゃ美味しくて、お土産に買いたいとお願いしたのですが、
瓶詰めが出来ないとの事で、飲みたい方はどうぞ高森まで・・・ただし、飲酒運転禁止!

山村酒造の他にも、高森をいろいろ回ってきました。
その模様は、2月20日(金)テレビタミンでお楽しみください。



2015.2月11日 まだ、ナイショ!
o0480036013215766148.jpg

スタジオで収録?!
「くまモンサプライズ」(くまモン体操)の作詞・作曲家のボンボ藤井さんと・・・
さて、どんな曲でしょう~~!
皆様、お楽しみに!


2015.2月10日大庭照子とうたおう
愛のハーモニーコンサート in 沖縄
o0480029813214367078.jpg
一年ぶりに沖縄にきましたが、当日の寒かった事、東京と変わりませんでした。
今回は、鎌倉女子大学の学園主 松本紀子先生とご一緒させていただきました。
神奈川まで遠いこの沖縄から、戦後苦難を乗り越え大学に行かれた方々が
沢山いらっしゃたのです。
この日も、恩師 松本先生に一目会いたいと、多くの方々が楽屋に挨拶に
お越しいただき、感激しました。
ステージでは、松本先生の91歳のお誕生会を、会場皆さんと一緒に行う事が出来良かったです。
松本先生ご夫妻のお仲人である、柳原白蓮さんとのお話や、「さとうきびばたけ」の
歌詞のお話などの講演をして下さいました。(白蓮さんからのおハガキもみせていただきました)
大正デモクラシーの乙女心のままの先生に、なんとも温かさを感じ幸せなひとときでした。

o0480027013214367034.jpgo0480032613214366957.jpgo0480032613214367054.jpg

DOYO組のメンバーである、ゆうかちゃんとも一緒に歌う事が出来ました。
ゆうかちゃん ありがとう! 
またDOYO組でうたいましょう!待っているからね!
o0480039413214439519.jpgo0480027013214366975.jpg

2015.2月6日 テレビタミン in 鶴屋百貨店
o0480030713213160810.jpgo0480031913213158611.jpg

2月14日バレンタインデーを前に、村上めぐみさんと山本紗英子さんと一緒に
女子会気分で、話題のチョコのチェックをしてきました。

テレビを見て、あわてて鶴屋まで会いにきてくれたお友達!
ありがとう!

o0480044513213158563.jpg


2015.2月3日 本妙寺 節分会・・・豆まき
o0480051013209518404.jpgo0480032013209471612.jpgo0480072013209518379.jpg

加藤清正公がお眠りいただいている「本妙寺」での節分会にいってきました。
2011年 清正公400遠忌記念愛唱歌「蛇の目虎ちゃん」(池上経作詞)を
リリースさせていただいた御縁で、毎年伺っています。!

今回は本妙寺保育園の可愛い子ども達の踊りと一緒に楽しく歌ってきました。
さすが毎朝体操として歌って踊っているだけあって、元気いっぱい!
o0480036313209518316.jpgo0480032013209518288.jpgo0480031413209471606.jpg

「蛇の目虎ちゃん」      作詞 池上 経

1,蛇の目虎ちゃん 虎の子ちゃん 清正公は 力持ち
  その通り名は 虎之助 賢く元気で やさしくて
  立派な武将に なりました

2,蛇の目虎ちゃん 虎の子ちゃん 清正公は 親孝行
  お父様には 本妙寺 お母様には 妙永寺
  建てて菩提を 弔った  

3,蛇の目虎ちゃん 虎の子ちゃん 清正公は 城造り
  熊本城に 名古屋城 大阪城も それぞれに
  天下の城と 名も高し

4,蛇の目虎ちゃん 虎の子ちゃん 清正公は 治水して
  洪水を止め 潅漑で 米がたくさん 採れるよう
  皆の暮らしを 守られた

5,蛇の目虎ちゃん 虎の子ちゃん 清正公は 四百年
  西のお山の 本妙寺に お祭りされて 熊本の
  皆を守って おられます

いかがですか?
この歌詞を見ると、加藤清正公の偉業がわかりやすく誰にでも理解できますよね!
この歌を作っていただき、歌わせていただいた池上 経様に、心より感謝申し上げます。